パーテーションでオフィスのスペースを有効活用

スペースの有効活用のためパーテーション導入

スペースの有効活用のためパーテーション導入カタログから選べ組み合わせも自由カスタマイズで理想のスペースが完成オフィスでパーテーションを使って仕事に集中

私がオフィスパーテーションを取り入れたきっかけは、スペースを有効活用させたいという思いからです。
オフィスの片隅に積み上げているダンボールや書類の山が目障りでごちゃごちゃしていて全体的に乱雑になっている、引越しはしたくないけどちょっとした作業スペースや相談やミーティングのための個別ブースが欲しいという問題点や悩みがあり、取り入れることにしました。
結果的にこれが大正解で、様々なメリットが得られました。
具体的にどのようなメリットが得られたかというと、入り口に設置することでちょっとした目隠しになり外から入ってきたお客さんの目を気にすることなく仕事に集中することが出来るようになった、目隠しのために部屋の片隅に設置したことで書類やダンボールや荷物やロッカーや本棚やラックや事務用品やパソコンやプロジェクターなどを気兼ねなく置けるようになった、個別ブースが出来たことで集中力を要する細々とした作業やお客さんとの相談やミーティングがしやすくなった、ほど良く閉鎖された空間で静かで居心地が良いのでちょっとした休憩や食事をするのにも最適、スペースを有効活用させることが出来るようになったので作業効率もアップしてスムーズに動けるようになった、デスクにぴったりとつけることで側面の部分にメモを貼ったりすることが出来て便利などがあります。

周りの話声やキーボードの打鍵音なんて、パーテーション関係ないだろ… / “研究チーム「パーテーションのないオフィスで働くと社員の生産性が落ちて病欠が増える」 | ロケットニュース24” http://t.co/l65DtrhRsr

— Yu Morita (yuu) (@securecat) 2013年11月30日